TEAM RunDesign

インソール大好きメンバーさんがお送りする全国各地からのレースレポートです♪お楽しみに(^^)b
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アクセスカウンター 無料インナーウェア住宅購入とローンホームページコレクション住宅建設大全ネット
<< TEAM RunDesign2011 【正木 公康】さん in 第6回全国スイーツマラソンin愛知 | main | TEAM RunDesign2011 【鈴木 剛】さん in第46回青梅マラソン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

TEAM RunDesign2011 【奥田 幸伸】さん inユニセフカップ2012神戸バレンタインラブラン

2012.02.12兵庫県神戸市にあるポートアイランド・市民広場周辺で開催された
ユニセフカップ神戸バレンタインラブランに参加されました奥田幸伸さん
からのレースレポートをお届けいたします。


◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆ 


2月12日神戸のポートアイランドで行われた
ユニセフカップ神戸バレンタイン・ラブラン】のハーフマラソンに参加しました。

ポートアイランドの工業地帯、海岸線をコースとして行われているので、
平坦でひじょうに走りやすいコースです

数年前にここではじめてハーフマラソンを走りました。
同じコースを2周するために、初心者の私にも安心感のあるレースでした。
マラソンブームがすでに始まっていた当時でありましたが、
参加者はそれほど多くなく、スムーズに準備ができたものでした。
ところが、今年はたいへんなことに
受付には長蛇の列
会場の市民広場には選手と応援の方があふれていました

  

過去最高の参加者とアナウンスしていましたから、ブームは健在でした。
受付を済ませ、市民広場の地下駐車場に駐めた車の中で着替え。
走る格好になってそのまま招集場所へ。
そこからプラカードにひっぱられ道路上のスタート地点に並びます。

待つ時間もそれほどなく先日の大阪ハーフのように
身体が冷え切ってしまうという心配もありませんでした

そしてスタート。たくさんの声援を受けてゆっくりと動き出します。
2車線の道路を使ってのスタートですからスムーズに動き出します。
その後は工場やオフィスの間を縫いながらレースは進んでいきます。
途中、緑地公園内を走るときはクロカンの感覚を少し味わうことができ、
面白いコースです

最高の気分になれるのは
六甲山と神戸港を正面に見ながら海岸線を走るとき。
風があると最悪ですがこの日は穏やかな天候で走ることに幸せを感じます。

スタート地点を通過し、2周目に
さすがに中盤からは疲れが出てきましたが、何とか沈没することもなくゴール
大阪の悪夢を振り払うことができました

ところが、記録をみると・・・う〜ん普通の記録
2008年にここを走ったときの記録より30秒遅れ
衰えを感じてしまいました。(あのときは突っ込みすぎてつぶれたのにな。)
まあ、楽しく走れたからいいか

記録は1時間33分32秒で192位(1980人中)
だいたい参加者の1割というのが定位置となってきました。

次はいよいよ【京都マラソン】楽しみだな

    
   
                     【TEAM RunDesign Tシャツ】
                              + 
                    【MIZUNO ウエーブアミュレット2】 
                              +
                             【RunDesignフルカスタムインソール】
 



          ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 
 
                    にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
TRD2011奥田幸伸 さん(三重) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teamrundesign.jugem.jp/trackback/377
この記事に対するトラックバック