TEAM RunDesign

インソール大好きメンバーさんがお送りする全国各地からのレースレポートです♪お楽しみに(^^)b
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アクセスカウンター 無料インナーウェア住宅購入とローンホームページコレクション住宅建設大全ネット
<< TEAM RunDesign  【阿部 泰】さん  in春日部大凧マラソン | main | TEAM RunDesign  【もきりん】さん  inとくしまマラソン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

TEAM RunDesign  【白井 博】さん  in掛川・新茶マラソン

2010.04.18静岡県掛川市の『つま恋』をスタート・ゴールに開催された
【掛川・新茶マラソン】に参加されました白井博さんからのレースレポートをお届けいたします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
4月18日(日)に行われた【第5回掛川・新茶マラソン】に参加してきました。

  

静岡県掛川市にあるリゾート施設、『つま恋』を発着点に行われ、
種目は5km、10km、フルマラソン、
今回初参加で自身2回目のフルマラソン・チャレンジ!となります。

【掛川・新茶マラソン】は昨年秋に参加した【袋井クラウンメロンマラソン】会場の近くで、
アップダウンのある難易度のの高いコースと聞いていましたので、
終盤までいかに体力を温存するかが課題で、
目標は前回達成できなかった、グロスでのサブ4達成です。

そして3週連続のエントリーで正直お疲れ気味ですが・・・
今シーズンの最後はこの大会のフルマラソンと決めて調整してきたつもりですので、
湘南国際(グロス4時間02分32秒、ネット3時間54分05秒)の更新を目指しての参加です

2回目のフルマラソン前の調整を兼ねて、
4月はハーフを2週連続で走り、いずれも自分としてはまずまずのタイムでフィニッシュしましたが、
練習で30キロ走を1本もやっていないため、終盤のスタミナ切れが最大の不安材料です。

当日は、5時起床。雲はあるものの天気良し!風もなく、ランニング条件としては悪くない!
車に荷物を積み込みいざ出陣

エコパスタジアム駐車場に車を停め、ここからシャトルバスでつま恋会場まで約30分。
会場入り口のゲートをくぐると、目の前には結構急な上り坂が数百メートル続き、
その先に受付会場(多目的広場=スタート&ゴール地点)があり、
一面芝生の大きな広場内に設置された大きなゴールアーチがまず目に入りました。

  


  

いつものことながら、参加者の皆さん会場入りが早いですね、

『なんとか良い記録でここに帰ってこよう』っと、改めて自分に言い聞かせて受付を済ませ、
グランドの片隅にシート敷き、朝食をすませ、シャツにゼッケンを着けて柔軟体操

初マラソンの時には、
体力温存のためアップなんぞという体力を消耗するような無謀な行為ははしなかったのですが、
今回はランナーらしくアップとやらをやってみることにしました。

ハーフでは当然アップはしますし、
スタート前に一度心拍数を上げておくことで
レース本番で走りやすくなることを体験(極々あたりまえなのですが・・・・)をしたので
フルマラソンでもやってみようと・・・・・

ただ、どの程度のアップが有効なのかがよくわかりません。(ウ〜ム・・・
取りあえず、ハーフより軽めで留め、レースウエアに着替え、しばし待機。
そして荷物を預けスタートラインにつきました。

スタート地点にはすでに多くのランナーが並んでいますが、
道幅が結構狭くて、スタート直後が大変そうだな〜という印象でした。

フルマラソンの参加者は約3300人、
自己申告のゴール設定タイムのプラカードの後ろに並びスタートを待ちました。

定刻の10:00に号砲とともに、いよいよスタート!!

今回はスタートライン通過までに約2分と、
1万人を超えた湘南国際よりかなり早く通過できました。

しかし予想通り道幅が狭いのでなかなかスピードが上がりません。
3キロを過ぎたあたりでようやく道幅も広くなり
スピードも自分に合ったペースを維持できるようになって来た頃に、
20mほど前方に同じTシャツらしき姿が・・・・・・・
おおッ・・・なんとRunDesignマークを発見!!

今シーズン10回目の大会参加で初めての遭遇です。
全く話をしたことがなくても、顔を知らなくても、なぜかとっても嬉しいですね

声をかけようとしましたが、私よりペースが速くて、なかなか横に並ぶことができず
一旦は100m程の差ができてしまいました。

このペースでは自分的には速すぎると追いかけるのをあきらめ、
取りあえず自分のペースで走っていましたが、
何キロか走っているうちにだんだん”彼”の背中が大きくなり、
これなら追いつけるかもと、少しペースを上げて横に並び、
声をかけさせていただきました。

名古屋の笠井さん(多分・・・????)とおっしゃっていました、
お互い初参加ということで、簡単に自己紹介をした後、『じゃあゴールで!!』っと
検討を誓い合い、それぞれのペースでゴールを目指すことになりました。

レース中に”仲間”を発見すると嬉しいですね
このTシャツのお陰です!感謝!!。

昨年は悪天候で大変だったらしいのですが、
今年は晴天で湿度は低く、風も適度にあって、
条件はGood!ただ天気がよすぎて結構暑い!!・・・日に焼けます!

それにしてもこのコースはとってもキツイ
話には聞いていましたが、アップダウンの連続で、
最後まで脚が持つかなあ〜と、更に不安を抱えながらのレースになりました。

序盤の10kmは、混雑もあり、56分台、
10kmから20kmは少しペースが上がり52分台
20kmから30kmは54分台、
ここまでは順調、しかしここからがフルマラソンの厳しさ

中盤以降に峠越えがあり、ペースが徐々に落ち始め、
30kmから40kmは55分台に
38kmを過ぎたあたりで、時計を確認、これならなんとかサブ4いけるかな〜!

『まだ脚は十分動いているし、このままもう少し頑張れば、いけるぞ〜!!』
っと自分に言い聞かせ、ゴールを目指しました。

沿道の皆さんから、『お帰りなさ〜い!』、『もう少しだよ頑張ってくださ〜い!』っと
声をかけていただき、”よしっ!もう少し頑張らなくては” という気持ちになります。
声援は本当にありがたいですね

最後の2kmは、ゴール前のl急な上り坂が待ち受けていて、
ちょっとオーバーかもしれませんが40kmを走ってきた脚には、
まるで険しい山を登るような気分です。

この大会の面白いところは、
ゴール手前300m程の一番しんどいところで、
ちびっ子達が待機していてランナーが手を上げて申告すると、
ゴールまで一緒に走って、ペースメーカーをしてくれるのです。

私は、当然大きな見栄を張って・・・・
サンキュ〜、OK。大丈夫!大丈夫!!と精一杯の笑顔(のつもり・・・)

さて、会場内の急坂を最後の気力を振り絞り、
沿道の皆さんの声援に後押ししてもらいながら必死の形相で上り切り
(多分歩くのと変わらない速度かもしれません・・・

この間11分44秒のラップ、
やはり結構時間がかかりましたが
無事ゴーーーーーーール!!・・・やったぁ〜ぃ
フルマラソンを完走した時にしか味わえない、なんともいえない充実感です。
ヨッシャッ!! (こころに中でガッツポーズ)

コースに一礼!(スタッフの皆さん、沿道の皆さん、ありがとうございました)

タイムは、グロスで3時間50分11秒、ネットで3時間48分08秒
前回の記録を大幅に更新、目標だったグロスでのサブ4達成することができました。

4年前にジョギングを始めた頃には、5kmでさえ大変なのに、
この年齢でフルマラソンなんてとても無理だろうと思っていましたが、
10km、ハーフと自分でも驚くほど距離が伸びました。
そして、今シーズンはフルマラソンに2回もチャレンジすることができ、
ランナーとしての勲章ともいえるサブ4にも手が届き、充実した1年となりました。

昨年、フルマラソンを目指して練習量を増やした頃から左足のモートン症に悩まされ、
長い距離は無理かな〜と思い始めた時期に、
インソールの改良でその痛みが緩和されて、無事フルマラソンを完走することが出来ました。

ミリ単位の微調整を快く引き受けて戴いたランデザインスタッフの皆様のおかげです、
本当に感謝!感謝!です。
ありがとうございました。

次のステップに向けての課題もはっきりしましたので、
このオフは自分なりのトレーニングを考えて実践していきたいと思います

 
  
        【TEAM RunDesign Tシャツ】
               +  【MIZUNO ウエーブエアロ8】
                        +  【RunDesignフルカスタムインソール】




      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
白井 博さん (静岡) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teamrundesign.jugem.jp/trackback/230
この記事に対するトラックバック