TEAM RunDesign

インソール大好きメンバーさんがお送りする全国各地からのレースレポートです♪お楽しみに(^^)b
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アクセスカウンター 無料インナーウェア住宅購入とローンホームページコレクション住宅建設大全ネット

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん in仙台国際ハーフマラソン大会

2010.05.09宮城県仙台市の仙台市陸上競技場をスタート、仙台市役所前市民広場をゴールに開催された
【仙台国際ハーフマラソン大会】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
杜の都で暴れてきました。

  

今回の目標はまず来年の出場権を手にする1時間40以内だったが、

公式記録は1時間3212秒で493位と想像以上の成績だった。

初の国際レースでまさか自分が上位半分に入るなんて、望外の喜びである。

1月の千葉マリンで記録した自己ベストを3分以上も上回る結果だった。


千葉マリンの時のレースプランは、

5kmまでをキロ4分40秒をちょっと越えるペースで入り、

そこから徐々に上げていくという作戦だったが、

これだと10km通過が47分をギリギリ切るペースであり、

今回の10km関門に引っかかる恐れがあったので、

キロ4分30秒で入りなんとか関門を通過し、

そこから上げられれば上げていくというプランを立てた。


5km通過は0:22:33とぴったりキロ4分30秒のペースで入り、

特に違和感もなかったのでちょっと上げてみた。

カメイのビルの前を通過した時、「吉田先生、頑張れ!」と言う文字が目に入る。

なんとカメイの香坂さんが応援に来てくれていた。

嬉しくて「カメイ〜カメイ〜」と2回叫んでいたw


10km通過は0:44:34と、楽勝で関門を通過。

なんか行けそうな気がしたので、キロ4分20秒ペースに上げてみた。

  

このコースは中間点を過ぎた辺りから徐々に上っていくのだが(コースマップ下部参照)

段々とランナーの足取りが重くなっていくのがわかる。

それを横目に私は軽やかに走って行く。

やはり江戸川土手の坂道ダッシュや、沖縄でのトレーニングが功を奏していた。

14kmを過ぎた後からキロ4分15秒に上げた。

今までは抜かれっぱなしであったが、ここからゴールまで誰にも抜かれなかった。


15km通過は1:06:24と、どんどん上がっていく。

ここを1:07:30で通過すると1時間35分が切れる。

この調子でいけば1時間34分、もしくは33分が出るかも知れないと思った。

ペースはキロ4分15秒から全く落ちない。

カメイビルの所でまたしても香坂さんが「センセー頑張れ〜」と応援して下さる。

親指を立て、「(自己記録突破)やってきますよ!」と声高らかに約束。

カメイ株式会社のサポートがなければ、こんなにうまく行かなかった。

本当に感謝、感謝の気持ちで一杯である。


20km通過は1:27:50、もう時計は見なかった。

前を走るランナーが全て止まっているかの如く見えた。

北海道マラソンの時と同じく、完全にゾーンに入っていた。

歓声も何も意識の中に入ってこなかったが、

ゴールまであと50mくらいの所で「アッキー、ラスト!」と妻の声がハッキリ聞こえた。

最後のチカラを振り絞ってゴールを駆け抜けた。

左手には桃花とシーサーが、

右手にはわざわざ東京から駆けつけてくれた小学校時代の同級生が6人。

感動と達成感で泣けてきた、人目もはばからずに泣いた。

ゴールタイムは1時間32分12秒と目を疑う数字。

ラストはキロ3分50秒とあり得ない速さであった。

  
    
私はこの大会に出場することが夢だった。

そしてこの日、最高のカタチで夢が叶えられた。

夢を実現するためには何が必要か・・・

努力をすることはもちろんだが

巡ってきた運をつかんで離さないことが大事と小出監督から教わった。

私はそれに加え、感謝の気持ちを持ち続けることも必要だと思う。

家族や仲間のサポートがなかったら、きっとここまでできなかったはずだ。

感動と達成感で流した涙には、みんなの愛情が満ちあふれていた。

私を支えてくれた全ての人達に感謝の言葉を捧げたい。


レース後は山梨学院大学時代に、

箱根駅伝で活躍したモグス選手(今回2位)と健闘を讃えあったのだw

  

        【TEAM RunDesign Tシャツ】
               +  【MIZUNO ウエーブスペーサーAR】
                        +  【RunDesignフルカスタムインソール】




      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん inかすみがうらマラソン 

 2010.04.18茨城県土浦市の川口運動公園陸上競技場で開催された
【かすみがうらマラソン】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


この日の主役はまさに我々だった。

  

老若男女大会スタッフ消防士、そして警察官まで全ての人達の心をつかみ、

沿道の声援を独り占めしていた。

警察官といえば、我々に敬礼してくれた方がおり驚いた。


走っていると遠くから「ショッカーだ!」と子供の声が聞こえ、

脇を通り過ぎる際にお決まりの「ヒィーッ」のポーズ。

「マスクマン頑張れ〜」とか「忍者さん頑張れ〜」と言われたこともあったが、

大抵は「ショッカー頑張れ〜」と、大人気のショッカーであった。

「怖い・・」といって2、3歩たじろぐ子供もいたが、総じて大成功であった。


たじろぐといえば・・・

大きなゴールデンリトリバーが私を見た瞬間たじろいでいたのには笑った。


一緒に走っているランナーからは5回くらい記念撮影をせがまれ、
All Sports Communityのスタッフも撮影した後に親指を立て「Good!!」のサイン。

報道関係者のカメラも釘付けにした。

何せ普通は数枚撮影したら他の被写体を追うのが常であるが、

我が軍団が通り過ぎるまでレンズで追い続けていた。


「頑張れ〜」はもとより「カッコいいぞ〜」とか「ヒーローだ〜」とか、

立ち上がって拍手を受けたこともしばしば。

まさにマラソンにおけるスタンディングオベーションであった

一日のうちでこんなに賞賛を浴びたのは、後にも先にもないだろう。


悪の軍団ショッカーが正義の味方に変身した瞬間であった


今回は途中から何個かのグループに分かれ走ることになったが、

一人の戦闘員が足を傷めて捕獲された以外は全員完走した。


去年の記録を10分ほど縮めたがそんなのは関係ない。


競技場に入る前から「ショッカー頑張れ、あと少しだ!」と力強い声援をいただき、

競技場に入ってからは右や左に埋め尽くされた大観衆に向かって、

「ヒィーッ」の声とポーズの連発でその大声援に応え、場内の人々の心を鷲づかみした。


ラストはみんなで手をつなぎ、バンザイゴール。

記録よりも、記憶に残る素晴らしいレースであった。


最後にあたり、かすみがうらマラソンの関係者の皆様、沿道の全ての皆様、

そして柴又アスリート倶楽部の大応援団の皆様、本当にありがとうございました!


        【TEAM RunDesign Tシャツ】
             +  【ADIDAS アディゼロJAPAN】
                   +  【RunDesignフルカスタムインソール】




【番外編】
     〜ショッカー写真館 in かすみがうら〜

  

All Sports Community のサイトで昨日から写真がアップされた。
カメラマンをも笑顔にさせたショッカー。
今までにない枚数が掲載されると予想したがまさにその通り。

ショッカーのオンパレードであった。
これは折り返し地点での軍団。

  

斜め構図にしたりして、カメラマンもテクニックを駆使してくれている

  

かすみがうら湖畔のこの辺りは例年歩くランナーが続出の地点。
そんな中、我が軍団だけはものすごく元気だった。

  

競技場に入った瞬間、周囲の視線を釘付け。
笑顔と拍手と歓声に迎えられ、それの全てに応えるショッカー。

  

今回のレースの中で一番気持ちのいい瞬間だった
自分も、仲間も、そして観衆も笑顔だった。

  

ゴールラインを越えた瞬間をアップで撮影された。
こんなのも初めての体験、カメラマンさんありがとね〜♪

  

全ての任務を終え、

ショッカーは「悪の惑星」へ飛んでいったのだった。




            ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん  in 東京マラソン2010

2010.02.28に東京は新宿都庁前をスタート、東京ビックサイトをゴールに開催された
【東京マラソン2010】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  

気温5度、みぞれも降る中の【東京マラソン】だった。

防寒対策をしたにもかかわらず、スタート前の整列の時に

身体は震え歯はカチカチ鳴り生あくびまで出る始末。

8時40分からスタートの9時10分まで、まるで拷問のようであった。

石原都知事の号砲と共に周りの人達はすごい勢いで飛び出していく。

そんな中、私はとにかくゆっくりと自分に言い聞かせて

新宿の街並みをキロ6分弱のペースで走って行った。

スタート直後より沿道の皆さんの切れ目ない応援が暖かい。

感動で胸が熱くなった。

これがマラソンの醍醐味の一つでもある。

しかし冷たい雨は容赦なく身体に襲いかかり、

止むどころかかえってその勢いを増しているようだった。

これ以上ないほどの最悪なコンディションだったので自己記録を狙うのはやめ、

去年できなかった東京マラソンでのサブフォーを目標に切り替えた。

  

序盤は手先も凍り付くような気温で、

記録どころか完走すら危ぶまれるような展開だったがじっと耐え、

今までやってきたことを信じ、30kmまで我慢をすることにした。

悪代官やミニーちゃん、そしてマリオにガチャピン・・・

色々な仮装のランナーに抜かれて行くが、それにも動じず自分のレースに徹した。

〜5km;29:40

〜10km;27:39

〜15km;28:12

〜20km;30:15(トイレ)

中間点;2:00:45

〜25km;28:02

〜30km:29:42(トイレ)

前半は抑え、後半から徐々に上げていく作戦だったが

30km通過の時点でゴールは4時間05分くらいと計算。

トイレのロス2回分くらいが余計で、

このままであればサブフォーはかなり難しいタイムだった。

がしかし、最後の最後にアゲアゲで行くのが小出流

1月31日から2月14日までの15日間で、

20km超走を3回、30km走を2回こなしてきた私。

その後は熱発し満足な練習が出来なかったが、

とにかく脚を作ってきた自負がある。

そして小出監督の教えを守り、

スタートからここまでバネを温存した走りに徹していたので、

仕掛けるのはここからだと思った。

幸いなことに脚は全然辛くない、バネもまだ残っている。

痛みもない、気力も万全、「30kmの壁」・・何それ?

ウインドブレーカーを脱ぎ去り、山さんとシブタクに渡して

一気にアゲアゲモードへスイッチ。

  

今まで耐えてきた鬱憤を晴らすべく、ガンガン抜きまくった。

35km通過が27:18とここまでのベストラップ。

ここからが東京マラソン最大の難所である佃大橋が控えている。

その手前で「アタース!」とボビーが声をかけてくれた

たくさんの元気と勇気をチカラに、佃大橋を一気に上りきった。

周囲は歩いている人や立ち止まっている人が続出している。

まるで去年の私を見ているようだった

その先ではkobe307さんチームがいてくれて、またまた元気になってきた。

豊洲の橋も難なくクリア。

沿道からは「あと少しだよ、4時間切れるよ」と嬉しい声援が。

ランデザインのスタッフが「センセー」と大きな声で応援してくれ、

「サブフォーやってくるよ〜」と声援に応えた。

その後、みやG率いる大応援団が最後のパワーをくれた。

40km通過が26:13とまたまたこの日のベストを更新。

最後の最後、有明駅の坂で脚に来たが、もう楽しくて仕方がなかった

ラストの直線ではスタンドにいると思われた自分の子どもを探す余裕も・・・

残念ながら見つけられなかったが、両手を天にかざし笑顔でゴール。

途中まで抑えすぎて4時間切りが危ぶまれたが、

30km地点から走りを切り替え、

とにかく最後まで気持ちを切らさず、諦めず、攻めに攻め続けた。


ここで再びQちゃんの言葉を引用しよう・・・

『緊張したり、あがったりということがないのは、
今までやってきたことに自信を持っているからです。
不安を持たずにスタート地点に立てるか否かは、
やるべきことをやってきたと自分を信じられるかどうか。
そして周りを信じられるかどうか。
特別なことをしようと思わないで、
いつもと同じでいいんだという気持ちで立つ。
そのためには毎日全力投球できるかどうかだと思う。』

やるべきことをやった自分を信じること

簡単なようで難しい。

だけど、努力をすればきっと願いは叶う。

努力は裏切らない。

今回はやるべきことを全てはできなかったが、自分を信じて頑張れた。

「自分を信じること」

「タイムではなく、周りではなく、自分との戦いに勝てた」

これが今回のレースで得た最大のことだと思う。


去年は4時間50分、そして今年は3時間58分。

この縮めた52分間に『ランナーとしての誇り』が凝縮されていた。

  

皆様、応援ありがとうございました!

  

    【TEAM RunDesign Tシャツ】
        +  【MIZUNOウエーブスペーサーAR】
             +  【RunDesignフルカスタムインソール】




        ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん  in千葉マリンマラソン

2010.01.24千葉県千葉市にあります、千葉マリンスタジアムで開催された
【千葉マリンマラソン】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Impossible is Nothing!

ついに夢が実現した。
千葉マリンハーフマラソン、タイムは1時間35分49秒。
去年のこの大会記録より14分、そして自己ベストより7分も記録を縮め、
かねてからの念願であった【仙台国際ハーフマラソン】への出場権をゲットしたのである。 

    

レース後は小出監督の所へ飛んで行き、結果を報告した。

監督の優しい笑顔と、温かい握手にこみ上げてきた涙が止まらなかった。

いい汗と涙を流した忘れ得ぬ一日だった。

夢は強く思い続ければ叶うもの

しかしながら、これはあくまでも通過点。

この素晴らしき記録もすでに過去のもの。

「夢のまた先へ」向けて精進を重ねたい。

Impossible is Nothing!

努力を重ねる限り、不可能という言葉はない。

応援して下さった全ての皆様、

そして柴又アスリート倶楽部の仲間たち、

声を枯らして懸命に応援してくれた我が子、

いつも練習を見守ってくれていた妻に感謝の気持ちを捧げたい。

  

        【TEAM RunDesign Tシャツ】
               +  【MIZUNO ウエーブスペーサーAR】
                         +  【RunDesignフルカスタムインソール】



            ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん  in NAHAマラソン

2009.12.06沖縄県那覇市にあります奥武山陸上競技場をゴールに開催された
【NAHAマラソン】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


<みんなのNAHAマラソン>

自身は3年連続出場となる【NAHAマラソン】。

25回の記念大会となる今回は多数の仲間と参加しました。
柴又アスリート倶楽部のメンバー以外に、
ジョグノート仲間をお呼びしてレース参加は総勢13人で参加。

前日はレンタカーを借り、私はコースの下見&観光ガイドのホスト役。
レース当日は初心者5人を完走させるべく、ペースメーカーとして走りました。

沿道の応援世界一」と称される【NAHAマラソン】は、
今回もその名に恥じぬ素晴らしいレースでした。

スタートからゴールまで、途切れることのない応援が続き、
老若男女が精一杯応援してくれるその様は、感涙ものでした。

今回のレースは定宿「月桃」のご夫婦が国際通りで、
いつも行くやぎ料理の「さかえ」の直美ちゃんがこれまた国際通りで、
家内の母、姉、そして姉の子2人が古波蔵交差点で、
公私ともにお世話になっている仲良しの高嶺さん、姫カニさん、ふたばさんが津嘉山で、
前日に行ったそばの名店「やぎや」の奥さんが八重瀬で、
そしてまた仲良しの國永専務と崎山さんが17km地点の先で、
(私を応援する横断幕まで作って下さっていました・驚!)

おやぢ連合のまちゃことそのお友達が仲座で、
わざわざ前日から飛行機に乗ってきたシーサーと沖縄にいる親戚2人、
そしてマキシム保育園のアキノ先生が35km地点で、
現在は沖縄在住で、数年前にうちで働いていたナースの舞ちゃんがゴールで、

こんなにもたくさんの人が私を応援して下さっていました。
本当に感謝してもしきれないほどです。

レースの方は終盤で辛いところもありましたが、
歩かず、止まらず、全員が最後まで来られたのが、奇跡に近い出来事だと思います。

ゴールとなる奥武山競技場ではみんなで手をつなぎ、バンザイをしてゴール
円陣を組み歓喜の雄叫びを上げたあと、みんなで抱き合い感動の涙を流しました。

このシーンは現地のテレビ中継でも流れ、
我々が走っているところは新聞にも出ていました。


『記録はいつでも狙うことが出来るが、
     こんなレースはやろうと思って出来るものではない。』


『みんなでゴールをするんだ』という思いと、
『強いキモチがひとつになった』からこそ出来たのだと思います。

また彼ら、彼女らの胸には一生忘れられない感動が焼き付いただろうと思います。

「ゴールの先」には達成感に満ちあふれた笑顔と共に感動の涙があった大会でした。
素晴らしき仲間達がいたからこそ、素晴らしきレースができました。

三恵ちゃん、kobeちゃん、真紀ちゃん、Bettyさん、pukariさん、
影丸さん、小川くん、真崎くん、みやG、堀麒麟、ペグ男、もまさん、ありがとう

そして応援して下さった沖縄の皆さん、感動をありがとう!


  

             【TEAM RunDesign Tシャツ】
                     +  【RunDesignフルカスタムインソール】



お疲れ様でした。
私も現地に行っておりましたが、
あまりの人の密集度合いで見つける事ができませんでした。残念です。
しかし、現地の方応援プラスお知り会いの方がそんなにたくさん応援してくださる
っというのは、ホントにありがたい事ですね。

色々な大会をぜひ【RunDesign】だらけにして行ってください。
またお写真楽しみにしております。



      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん  in 尚巴志ハーフマラソン 

2009.11.01沖縄県南城市で開催された【尚巴志ハーフマラソン】に参加されました
吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。


・・・の前に【尚巴志】ってなんだろうっと思ったのでちょっと解説しておきます。
尚巴志 (1372 - 1439)・・・『しょうはし』と読むそうです。
琉球を統一し、琉球王国・第一尚氏王統を打ち立てた英雄で疾風の如く時代を駆け抜けた人文物。
【尚巴志ハーフマラソン】は尚巴志ゆかりの地である南城市を舞台に、
王の見た絶景を走り抜ける沖縄県内でも人気の高いマラソン大会です。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


11月1日、沖縄県南城市で開催された【尚巴志ハーフマラソン】は過去最大の出場者で、
ハーフは6千数百人のエントリーがありました。
難関の新里ビラを制し、タイムは1時間44分07秒と去年より13分縮め、
種目順位(男子ハーフ)は113位、クラス順位(男子40-49歳)は27位という驚きの成績でした。
目標は去年のタイムを少しでも上回る成績で走ることでしたが、
それにとらわれずに決して無理をせず、楽しく頑張れたのが良かったのだと思います。

切れ目なく続く沿道の熱き応援の中、沖縄の友人達がわざわざ駆けつけてくれ、
義母と義姉、そして我が子に愛する妻の応援が、私の実力以上のものを引き出してくれました。
レース後は昨年と同じくRBCの田久保さんにインタビューを受け、

最高です!』と汗まみれの顔で話しました。

NAHAマラソン】もそうですが、【尚巴志ハーフマラソン】は
私にとって最高レベルの大会であります。
自己ベストを出しても出せなくても、走ることによって得られる感動は他のどんな大会よりも勝っています。
それは日本一出場が難しいとされる東京マラソンよりも…。
応援してくださった全ての方々、関係スタッフ、RunDesignの皆様、
そして沖縄の大地と空と海に、私のあらん限りの感謝を述べさせて下さい。

皆様本当にありがとうございました。また来年もここに帰ってきます

  

             【TEAM RunDesign Tシャツ】
                    プラス
              【ADIDAS アディゼロJAPAN】
                    プラス
           【RunDesignフルカスタムインソール】




お疲れ様でした。
すごく心温まるレースだったようですね。そういうレースは是非出て見たいですね。
因みにNAHAも吉田さんオススメ最高のレースだということで、
東京マラソンとは違うNAHAの雰囲気を楽しみたいと思います。
今後も心温まるレースの参加レポートをお待ちしております。




      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田 明弘】さん  in手賀沼エコマラソン

2009.10.25千葉県は柏市にあります柏ふるさと公園で開催された
【手賀沼エコマラソン】に参加されました吉田明弘さんからのレースレポートをお届けいたします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


10月25日(日)宮島くんと一緒に【手賀沼エコマラソン】に参加してきました。

やってきましたよ

会場をランデザインで埋め尽くしてきました() 

そうそう見られる風景ではないでしょ
 
もちろん我々が一番目立っておりました

レースの話しはそっちのけで送っていただいた写真がコチラ
じゃ〜〜〜〜〜ん                

  
        【TEAM RunDesign Tシャツを着た大集団  めちゃめちゃ目立ってます


       
  
                   【バックショットもさらにインパクト大です】


                    【TEAM RunDesign Tシャツ】
                            プラス
                  【RunDesignフルカスタムインソール】



いやいや『スゴイ』の一言です。
これだけの人数が同じウエアを着て、集まっていると、
スゴイ迫力。
そしてそして『何の集団やろ?』っと目立ちまくっていたはずです。
ありがとうございます。
また色々な大会で目立ってきていただけることを期待しております。






      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ
吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign  【吉田明弘】さん 番外編

吉田明弘さんより送っていただきました、番外編をお届けいたします。

番外編も受付けておりますので、みなさまもドンドン番外編をお送りください。
お待ちしております。

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

柴又アスリート倶楽部の練習会があり
みんなで【TEAM RunDesign Tシャツ】を着てみました。
皆さんとても気に入って頂いて、私も嬉しかったです。
まだ受け取ってないメンバーもいるので、これが増えると壮観ですね。










私のクリニックをバックにバックで撮りました
このクリニックは私のデザインなんですよ、結構イケてるでしょ




       ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ

吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

TEAM RunDesign 【吉田 明弘】さん in北海道マラソン

 10月に突入し、既に皆様からのレースレポート等が続々と届いております。ありがとうございます。
なるべく、新鮮な状態でお届けをさせていただく予定です。がっ、しかしもうかなり溜まってきており少々焦っております。。。順じ更新していきますので、気長にお待ちいただければと思います。

では、【TEAM RunDesign2009】レースレポートSTARTです。
記念すべき第1回目は・・・。

2009.08.30 (SUN)に北海道・札幌市で開催されました。
【2009北海道マラソン】に出場されました、吉田明弘さんから届きましたレポートをお届けします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

吉田です。
北海道マラソンでついにやりましたっ!
念願のサブフォー達成です。
オフィシャルタイムは【3時間4925秒】と予想外の成績でした。

練習用として7月に購入したレディGELカヤノで、既に383kmも走り、
この2ヶ月では約500kmほどの走り込みをしたので、距離に対する不安はありませんでした。


この日のレースはハーフ通過が1時間58分でしたので「これは行ける!」と思い、
それまでキロ530秒をちょっと切るペースを、33km地点から徐々に上げて行き

523秒(30-35km)、

510秒(35-40km)、

418秒(40-GOAL)とペースアップしGOAL。

因みに40kmからは自分の10kmレースより早いペースでした(笑)




今回のレースはコチラで力走。
【TEAM RunDesign Tシャツ】が間に合わなかったので・・・
TEAM RunDesign TOKYO MARATHON LIMITED Tシャツ
                    プラス
             【GEL DS トレーナー14
                    プラス
         【RunDesignフルカスタムインソール



そして最後に大変嬉しいお言葉を頂戴しました。
『サブフォー達成はランデザインさんとの出会いがなければできなかったでしょう』
ありがとうございます。

最後になりましたが、
北海道マラソンでのサブフォー達成おめでとうございます。お疲れ様でした!

今後も引き続き宜しくお願いいたします。





       ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m 

                   にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ大会へ          

吉田 明弘さん(東京) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |